FC2ブログ

雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2019年04月
ARCHIVE ≫ 2019年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2019年04月  | 翌月 ≫

5月 休業日のお知らせ

7日(火)
14日(火)
20日(月)・21日(火)
28日(火)

5月の休業日は上記の通りです。
どうぞよろしくお願い致します。

                    雑貨の散歩道


そらとぶこぎん 第3号 発売


創刊以来、全国で多くの反響を得、数度の重版に及んだ『そらとぶこぎん』
いよいよ第3号が発売となりました。

青森出身の三人のプロの女性ライター、
お客様としておいで頂いている
元新聞記者の鈴木真枝さん、石田舞子さん、
私の高校時代からの友人で東京在住の小畑智恵さんが編集・執筆しています。

今回は青森市のこぎん刺し作家、工藤得子さんの
系譜をたどっています。

伝統を踏まえた上で既存の価値観にとらわれない工夫や
挑戦を続けた先生と
その意志を受け継ぐ方々の物語を
じっくりとお読み頂きたいと思います。



波佐見 西山窯のうつわ


人気が止まらない。

気が付けばロングヒット商品となっていたのが
こちら、西山窯のデイジーシリーズです。

長崎県波佐見町は陶磁器の産地として知られていますが
西山窯は伝統の技法を用いながら
新しいことに積極的に取り組んでいます。

スウェーデンの陶芸家であるリサ・ラーソン
日本の人気作家、鹿児島睦(かごしま まこと)
鳥のモチーフでお馴染み「BIRDS’ WORDS(バーズワーズ)」など
当店でもお馴染みの作家陣と共同開発を行っています。
なるほどその片鱗がうかがえますよね。

大胆でミニマムな絵柄を
シンプルな藍色・グレーが引き立てる素敵なデザインです。
その上、波佐見焼の中でも磁器にあたりますので
レンジ使用可で薄くて軽く、いいこと尽くめ。

長く、飽きずに、大切に、楽しく使用できる。
そんなシリーズではないでしょうか。







ゴールデンウィーク 営業日についてのお知らせ

ゴールデンウィーク中は休まず営業いたします。

次の休業日は5/7(火)となります。
どうぞ宜しくお願い致します。


                     雑貨の散歩道


遊 中川 『くつした しずく』


遊 中川は中川政七商店のブランドの一つです。

「日本の布ぬの」をコンセプトに
日本に古くから伝わる素材・技術・意匠と今の感覚をあわせた
テキスタイルを提案するブランドです。

しずくシリーズより靴下が入荷いたしました。
梅雨の晴れ間に植物や蜘蛛の糸についたしずくが
キラキラと光る様子をイメージしました。
透かし模様と履き口にあしらったラメ糸が
夏の足もとを涼しげに演出します。
(綿70%・ナイロン30%)


ツバメ琺瑯マグカップ ラタン


グレーの小さなツバメがひゅんと飛ぶ様子がかわいい
ホーローのマグカップです。

何と言っても特筆すべきは取っ手のラタン。
熱い飲み物を入れても持ち易いという実用性に加え
ラタンを巻く事によりデザイン性が更にアップしました。

ホーローは中に入れるものの味を変えず
清潔に使用できる利点がありますので
コーヒーや紅茶の味をシンプルに伝えてくれます。

ステンレス製品で有名な燕市でつくられていることから
ツバメのマークになり
薄いステンレスにホーローを施しているので
非常に軽く仕上がりました。

すっきりとした清潔感があり、お茶の時間が豊かになります。
洗面所で使用したりもできそう。

ラタンの色が段々濃くなっていく経過もお楽しみ下さい。


salvia 森のバケツバッグ



IMG_8254.jpg
森の切り株のようなコロンとした形の帆布バッグがsalviaより新発売。

水や汚れに強く自立するしっかりとした帆布の生地に
手刺繍のようなステッチをほどこしたバケツ型のバッグです。

革紐は二重にして手に持ったり肩に掛けたり
一重でショルダーとしてもお使いいただけますし、
バケツ型を生かして室内で小物入れにしたりも。

今回のこちらは広島・尾道で最後の一軒になってしまった
帆布工場の「尾道帆布」を使用し
立花テキスタイル研究所とsalviaがコラボした商品です。
グレーは鉄粉を染料にしたオリジナル生地です。

雑誌『リンネル』・『クラリネ』にて先行販売されていましたが
小売店にも届きましたよ。

大切に作られた、軽やかで優しげな空気感のバッグで
春のお出掛けをお楽しみ下さい。



ブラス スタンドシェルフ

IMG_8246.jpg

IMG_8244.jpg
リビングやベッドルームなど
お好きな空間にビスで留めて使用できる真鍮のシェルフです。

S:10×10×10㎝
W:20×10×10㎝と小ぶりですが
存在感があり空間支配力は抜群。

キャンドル、一輪挿し、ミニフォトフレーム、置物など
お気に入りの小物を飾って。
また、ブックエンドとしてお使い頂く事もでき
工夫次第で楽しめそうです。

木のインテリア等とも相性が良くシックにまとまるブラスで
素敵なお部屋作りをなさってみて下さい。
(ビス付き)





pot-pourri ちび襟リネンシャツ



IMG_8236.jpg

IMG_8238.jpg
シンプルなリネンのシャツをお探しの声をよく頂きます。
いざ探すとなると案外見つけられないものなのかもしれません。

こちらは昨年も好評だったpot-pourriのリネンシャツです。
小さな丸襟と裾のデザインがポイントになっていて
ボトムスを選ばずシンプルだけど技あり。
リネンシャツは大人の着こなしに外せない
ベーシックアイテムですよね。

フレンチリネンを織りから加工まで国内で行っている素材で
繊維を優しく叩きほぐし
ふっくらと洗いざらしの風合いに仕上げました。
薄すぎず厚すぎず丁度いい肉感で一年中ご活用頂けます。
色は白と紺の2色。

四角いちび襟のデザイン違いシャツもあります。
こちらは白とライトグレーです。
襟はスタンドカラーにしてもかっこよくなりますよ。
IMG_8239.jpg

IMG_8240.jpg





pot-pourri 夏リネンウエア


IMG_8197.jpg
福岡発、大人の女性のためのブランド『pot-pourri(ポプリ)』は
「用の美」を感じる「衣」をテーマに
天然素材の持つ豊かな風合いを生かした洋服を作り出しています。

「カーネス ワンピース サックス」
ややローウエストの切り替えと大き目のタック
身頃と袖の配色
ふんわりとした袖口のギャザー

昨年ノースリーブで作成し、大変人気の高かったデザイン。
今年は長袖で新発売となりました。

リネンの最高級とされる上質なベルギーリネンを国内で織り
染色した平織り素材です。
高密度で織ることにより程よいハリと軽さが出ました。
袖は薄手のベルギーリネンの為さりげない異素材感が楽しめます。
手間暇かけた日本ならではの生地ですし
本当に素敵なデザインです。

IMG_8208.jpg
IMG_8209.jpg
「モイ カシュクールワンピース」
少し立ち上がった襟がポイントの
カシュクールワンピース。
胸元とウエスト部分のボタンで開閉できて
サイドには深めのスリット入り
動きに合わせ優雅に裾が踊ります。
ウエスト紐付きで、前後でゆるめにウエストマークもできる便利な一枚。

細い糸のリネンに下染め後、インディゴで
オーバーダイ加工を施したハイブリッドインディゴ素材です。
通常のインディゴ染よりも色落ちしにくく仕上がりました。
シボ感やシャリ感がとても気持ちのいいウエアです。

同じ素材のシャツも素敵です。
写真はちょっと色が飛んでしまいました・・・
カシュクールの写真が現品に近いです。
IMG_8213.jpg