雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2007年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年04月
ARCHIVE ≫ 2007年04月
      

≪ 前月 |  2007年04月  | 翌月 ≫

さくら・sakura・桜

桜の食器

 
桜川の今朝の桜並木はとても綺麗でした。
ここ2日ほど続いた暴風がぱたりと止んで
一気に満開へと向かっているよう。
咲く前の風でよかった。
咲いた後ならすぐに散ってしまっていたでしょう。

霞がかかったような薄いピンクとほの甘い香りの
桜の花を見ていると
どこか遠い記憶の隅へと連れて行かれるようで
懐かしくて少し恐ろしい。
夜の桜は言わずもがな・・・・・

花を見て宴をするなんてホントはとても風流な事なのに
昨今はすっかり大騒ぎの場になってしまっていて
少し悲しいですね。
そう言えば北欧などから見ると
お花見の時のブルーシートは理解に苦しむ色らしい。
何故あの花の下で皆あの色のシートを敷くのだろうと。
デザインの国といわれている北欧では
公共施設もゴミ箱も公衆電話もその他諸々、
すべてにこだわりを持ってデザインしているらしい。
もしも日本のブルーシートを販売しても
誰も買わないだろうって・・・聞きかじりました。
ふむふむ、同感。

短い桜の季節だけど花はやっぱり散るから美しいんですね。
これから毎朝桜川を通って
散るまでの日々を見届けたいな。


元気をくれた人


最近は運送便の女性ドライバーさんをよく見かけるようになりましたね。
お店でも頻繁に商品が入荷するので
運送便さんにはとってもお世話になっています。
A運輸さん、B急便さん・・・・
女性が荷物を届けてくれる事も多いです。
驚くのは、自分の体が入ってしまいそうな大きいダンボールや
おもーい鉢などを一人で運んでいること!
一人で持ってくるので、私も一人で持てると思いきや
こちらは二人でなければ運べない事も。
私たちが決してか弱いわけではなく
力はあるほうなのですが。

小柄で華奢な方が多いのがまたびっくり。
しかも苦しそうではないんです。
何だか少し感動して、思わず口を突いて出ました。
「ホントにすごいなあーこんな重いものを・・・
 持ち方にコツがあるんですか?」
そしたらおしえてくれました。
手袋に秘密があるんですって。
そしてスベリ止めがいっぱいついた手のひらを広げて
見せてくれました。
「この手袋がないと持てないんですよ。有ると無いでは全然違うんです。」

でも秘密はそれだけじゃないはず。
爽やかな笑顔で元気をくれた人。
私も頑張ろうと思えたのでした。


出来た~、ビーズのネックレス

ビーズ講座


水曜日の午前中はリーファの「やわらぎ展示場」内で
雑貨の散歩道主催のカルチャー講座を行なっています。
今日はビーズ講座。講師は鳥谷部礼子先生です。
(たおやかに美しく、しかもエネルギッシュで気さく)
今日は1日体験教室も同時に開催。
この時期゛知的好奇心゛が湧いてくるのは私だけ?
何か新しい事を知りたい、習いたいという気持ち。
そんな同朋(?)の方々が集まって下さって
和やかにスタートしました。

体験の方々はネックレス作り。同じ色のビーズは使わないので
皆さんのキット内容は全部異なります。
つまり仕上りが全員オリジナルになるわけです。
好みの色をめぐって熾烈な戦い(!?)が繰り広げられる事もあるのですが
今日は遠慮しつつも上手く振り分けをなさった様子。
先生の説明を聞いていざ、ひとときの集中タイムへ・・・・

コースの生徒さんたちは皆それぞれに違う作品を作っていて
(あ、でもみんなネックレスです)
とっても熱心です。
そして楽しそう!

目が多少疲れるのはいたしかたないですが
自分で作った物を自分で身につける歓び、
達成感は何ものにも替え難い気がします。
嬉しそうに鏡を見に行かれる姿がとてもほほえましいんです。
次々いろんな物を作りたくなっちゃう方、増加中。

予定時間よりも早めに
可愛らしいネックレスが見事完成しました。
スワロフスキービーズがキラキラ綺麗。
足取りも軽やかにお帰りになる皆さん
今日はお家の鏡の前できっと微笑んでくれることでしょう。

さーて、私も好奇心のおもむくままに何しようかなあ!











ガーデニング気分

ガーデニング

朝、外に出たと同時に「今日はお出かけ日和!」と思った私。
と言っても、今日はお仕事なのですが
もしお休みだったらきっとふらりと花屋さんを覗いたり
ショッピングにでも行きたくなるに違いない。
本当に良いお天気。

最近また気温が上がりきらずに寒い日が続いていますが
むくむくとガーデニング気分が盛り上がって来ましたよ。
お店ではイギリスのアンティークのアップルボックスを仕入れて積み上げ
ガーデニンググッズを沢山並べてみました。
雰囲気がとってもいいでしょ?
テラコッタの鉢、白い色んな鉢、平たい物から深い物、
じょうろにガーデニンググローブ・・・
お店のガラス窓から差しこむ光に
緑の葉っぱたちがキラキラ生き生きしています。

私は爪に土が入っても、多少の虫が出てきてもへいっちゃらなタイプ。
(飛ぶ虫と頭から降ってくる虫は苦手・・・)
鉢を替えると植物もぐっと素敵になるし
小物使いで雰囲気のあるお部屋や庭になりますよね。

生活に欠かせないグリーン。
世話をした分応えてくれる花たち。
毎年9月頃までガーデニンググッズは沢山仕入れますので
どうぞ覗きにいらして下さいね!




再確認、日本の手仕事

>弁当箱


春の陽射しと匂いが、ふとした場面で感じられるようになってきました。
心浮き立つ季節の到来です。

先ごろ岩手県の職人さんの篠竹弁当箱や文庫を仕入れました。
網目の美しさ、まだ少し青い竹の香り・・・
こんなお弁当箱にはやっぱりおむすびが似合います。
ご飯に竹の香りが移ってもっと美味しくなりそうです。
お漬物と卵焼きを添えてドライブでもしたいなあ!
景色の良い所に。
・・・そんなことを考えてはわくわく、ニヤニヤしてしまうのです。

青森にも素晴らしい手仕事の生活雑貨が沢山ありますね。
あけび細工しかり、こぎん刺ししかり。
クラフト好きで職人さん好きの私は
こんな雑貨がずっとずっとなくならないで欲しいなあと思っています。
後継者問題とかも色々あるんだろうなあ・・・
篠竹も長い物がなかなか手に入らなくなって来ていて
大きい作品を編むのが難しくなっているとか。

大事に使って行きたいと思わせてくれる
こんな竹の雑貨で春を和風に楽しんではいかが?
懐かしいようなホッとするような気持ちになれますよ、きっと・・・