雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 和雑貨
CATEGORY ≫ 和雑貨
       次ページ ≫

波佐見のうつわ


日本の陶器のあたたかみと
どこか北欧の民芸のようなテイストが混じり合ったうつわのご紹介です。

石丸陶芸の「しろつめくさマグカップ」「キク 飯碗」

素朴な線を用いて描かれた花や葉は
器の空間を美しく生かしています。
まろやかな土の風合いとマッチして
柔らかな趣の作品になりました。


IMG_6218.jpg
藍染窯(あいぜんがま)の「フラワーレースマグカップ」
使うのが楽しくなる明るい色合いのマグ。
持ち易くて軽いので
日々手にとってお使い頂けると嬉しいです。
デザインもかわい過ぎず丁度いい甘さだと思います。


※いずれもレンジ・食器洗い機 不可

『KURUMI』 久留米絣ストール

IMG_5456.jpg
IMG_5457.jpg IMG_5414.jpg
古い織り機でゆっくり織った風合いとこだわりのディテール。
久留米絣が新しさをたたえてポップなストールになりました。

5つの柄で構成されており巻き方を変えて楽しむことが出来ます。

北欧のテキスタイルのような雰囲気があり
年代を問わずにお使い頂けると思います。

IMG_5539.jpg





『ギエモン』久留米絣トートバッグ

IMG_5405.jpg

絣は古代インドから約1400年前に日本に伝わり、全国に広がったといわれてます。
しかし、久留米絣だけは他の絣とは異なる誕生と成長を遂げました。

今から200年程前、衣服の色あせたところに白い斑点がついている事に気付いた
一人の少女がその衣服に発想をえて
数々の試行錯誤や“からくり儀右衛門”こと田中久重の協力などを経て、新しい織物が仕上がりました。
この織物は所々かすれたように見えることから「加寿利(かすり)」と名付けられました。
これが、久留米絣のはじまりです。

『ギエモン 』は久留米絣の伝統技法をそのままに
新しさと懐かしさを混在させたカジュアルブランドです。
年代にとらわれず和に寄り過ぎず
エッジの効いたおしゃれを取り入れたい方におススメ。

こちらのトートは配色が絶妙で
内側はポケットが3箇所、輪カンも付いて機能性も抜群です。
肩にかけることができる大きさ。

積極的にリネンのウエア等に合わせてみて頂きたいと思います。

IMG_5408.jpg IMG_5409.jpg






むす美×ミナペルホネン 風呂敷


好評のミナペルホネン撥水風呂敷が入荷いたしました。
「letter of flower」柄、サイズは100×100㎝です。
結ぶと大き目のバッグになり、肩にかけることも出来る大きさです。
何かと便利なんです。

衣服を包んで出張に。
濡れても平気なので革・布のバッグを包んでレインバッグに。
テーブルクロスとして。
目隠しに籠に掛けたりピンで留めたり。

ミナらしい繊細で大胆、ミニマムなデザインには
どうしたって惹きつけられます。

風呂敷、麻のハンカチ「angel」柄のアップ写真はこちら
IMG_3107.jpgIMG_3108.jpg


復刻 サザエさんかるた


大人は懐かしく
子供は新しく
なんともほのぼのと温かい気持ちになるサザエさんのかるた。
60年前のものが復刻したのだそうです。

レトロ感、ノスタルジーがギュッと詰まった美しい色合いの絵札と
ユーモアたっぷりの読み札。

おススメの商品です。