雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 宮内知子
CATEGORY ≫ 宮内知子
      

ざっくり編み靴下 ウール salvia


手編みのようなふっくら感が人気の「salvia ざっくり靴下」の新作です。
日本国内では少なくなってしまった靴下編機でベテラン職人さんが作っています。
ツイストされたウール糸を使用し、やわらかな履き心地に仕上がりました。
カシミア、ドイツ製アクリル糸も混ざっています。
左から ゆきのひ、ひだまり、ともしび
イメージを掻き立てる温かい配色です。

IMG_3340.jpg
昨年から引き続き好評の杢ウールタイプ。
こちらもカシミヤ混で履き口に改良が施されました。
このくらいの丈があったかくて良いんです。
クルー丈は短いと感じる方にお勧めします。
30㎝あります。

合わせ木細工 宮内知子さん


京都で木の作品をつくる宮内知子さんのブローチが再入荷いたしました。
「白シリーズ」は削った木肌が生かされ動きのあるユニークなデザインです。
花。猿。葉っぱのような動物のような。

IMG_1299.jpg
IMG_1300.jpg
彩色ではなく木の素材そのものの色を生かし、合わせ木細工を施したこちら。
モチーフがリズミカルでデザイン性に富んだブローチです。
どんな洋服にも合わせ易く、出番の多いお気に入りになるはず。

薄着の季節、リネンや綿の薄手のウエアに付けても重くないので
生地も傷みません。

同じものは二つとない宮内さんのブローチで夏のおしゃれを楽しみましょう。
もちろん、冬も。


〈宮内知子〉
東京生まれ。京都南山城村在住。

木の生活文化展 奨励賞(鹿児島)
小田原木のクラフトコンペ 奨励賞
朝日現代クラフト展 入選 高岡クラフトコンペ 入選 ハンズ大賞 入選
朝日現代クラフト展 優秀賞 高岡クラフトコンペ 審査委員賞
作品展 多数



木工 宮内知子さん


京都の南山城村で木工制作をしている
宮内知子さんの作品が入荷いたしました。

木の色を生かし
組み合わせてかたち造られたブローチは
ひとつひとつに引き込まれるような豊かな表情があります。

プレートには象嵌で鳥や魚が描かれています。
食器としてご利用いただけますが
私なら自分のお気に入りの場所に飾りたい。

3寸、5寸と小ぶりながら
空間のイメージを決定付ける
とても素敵な作品だと思います。