雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ハンドメイド
CATEGORY ≫ ハンドメイド
       次ページ ≫

モダンつまみ細工ブローチ


モダンつまみ細工『Waltz』さんより
秋らしい色味のブローチを納品頂きました。

つまみ細工とは江戸時代から伝わる技法で
薄絹の「羽二重」を正方形に小さく切り、ピンセットで摘んで折りたたみ
組み合わせる事によって花や鳥の文様を作る
東京都指定の伝統工芸です。
和服に合う髪飾りなどが代表的で、舞妓さんの簪(かんざし)で使われている技法です。

たたんだ布を糊で規則正しく配置していく作業は大変な手間と時間がかかります。

Waltzさんは伝統技法を生かしつつ
現代の洋服・日常のおしゃれに手軽に取り入れ、年齢を問わずに楽しめる
「モダンTSUMAMI細工」をコンセプトに作品を作っています。

円く囲んだつまみ細工の上に丸いファーを付けたこちらは
トレンドを取り入れたかわいらしいブローチに仕上がっています。




IMG_5583.jpg
葉っぱや花、多肉植物などからイメージしたブローチ。
立体的で動きのある素敵なデザインです。




IMG_5584.jpg
和と北欧のミックスを感じさせます。
布製で軽いのでウエアの穴などの傷みを気にせずお楽しみ頂けます。
バッグ、帽子、ストールなどのアクセントにもどうぞ。

ファー付き麻バッグ


冬季、大ヒット更新中、ハンドメイド「COCO MILK」さんの麻バッグが
今年も入荷いたしました。
すぐに売れてしまう人気の商品です。

洋裁学校出身のCOCO MILKさんの作品には
細部に、使う人を思いやる優しさとあたたかさが感じられます。
内側は布張りでポケットが二箇所、底はキルティングで補強してあり
一番傷みやすい持ち手には革カバーが付いています。
ファーを取外すことが出来る為、一年中、相棒となってくれるでしょう。
取外すと編みこみ模様が現れるのも素敵なんです。

こちらの2点は白ヒョウのファーです。





IMG_5556.jpg
バンビのファーです。
持ち手の革の色やファーが変わると一味違った雰囲気になりますね。

手前のロシアンハットは既製品です。
被るとモコモコしてとても可愛いです。




アロマサシェ ハンドメイド『konoha』さん


天然みつろうにアロマエッセンシャルオイルを配合した
吊り下げタイプのサシェです。

表面にハーブを散りばめたり混ぜ込んだ仕上がりがとても綺麗で
そんな見た目の可愛らしさもさることながら
空気清浄、虫除け効果が期待できるブレンドとなっており
今の季節にぴったりです。

吊り下げたり、またはトレイや敷物の上に置いてお使い下さい。
ほのかな香りが1~3年、ゆっくりと持続。
良い香りで癒されます。
ギフトにもとても人気があります。

※高温・多湿は避けてご利用下さい。
IMG_5144.jpg

小さな花を挿して


リネンのブラウスやワンピースの胸に
麦わら帽子に
布バッグに

小さく可憐で繊細なお花を挿して出掛けましょう。

シロツメクサやセンニチコウ
ローダンセマム
ストロベリーキャンドル

手作業で白い布を裁ち、筆で一枚一枚に彩色を施した
こころ奪われる小さな花のブローチです。

HAND MADE Arisa

モダンつまみ細工 『Waltz』さん

IMG_4753.jpg
IMG_4755.jpg IMG_4760.jpg
江戸時代から現代へ
和のルーツが舞い踊る

モダンTSUMAMI細工『Waltz』さんの作品が店頭に並びました。

つまみ細工とは江戸時代から伝わる技法で
薄絹の「羽二重」を正方形に小さく切り、ピンセットで摘んで折りたたみ
組み合わせる事によって花や鳥の文様を作る
東京都指定の伝統工芸です。
和服に合う髪飾りなどが代表的で、舞妓さんの簪(かんざし)で使われている技法です。

たたんだ布を糊で規則正しく配置していく作業は大変な手間と時間がかかります。

Waltzさんは伝統技法を生かしつつ
現代の洋服・日常のおしゃれに手軽に取り入れ
年齢を問わずに楽しめる「モダンTSUMAMI細工」をコンセプトに作品を作っています。

写真は北欧風とも言える配色と生地選びのセンスが光るブローチ。
洋服はもちろん、帽子やバッグにつけて頂くと
文字通りモダンで粋なポイントとなります。
右下の淡いお花群は紫陽花のようでもありとても優しい配色です。






IMG_4758.jpg
こちらはバレッタ。
どこかサイケデリックな雰囲気もあって
グレー、黒、ベージュ、白、紺などの定番ウエアに
遊び心をプラスしてくれそうですね。





IMG_4776.jpg IMG_4775.jpg
左はねぶた浴衣の反物を使い
青森の夏を表現した簪(かんざし)です。
青森市民なら途端に郷愁を感じるのではないでしょうか。
右はカラフルで夏らしい元気な色やチャームがかわいらしく、
普段使い出来そうですし、お子様が浴衣を着た時にも良いですね。