雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 名品・逸品
CATEGORY ≫ 名品・逸品
       次ページ ≫

トルコ伝統的手芸『オヤ』と『ボンジュック』のアクセサリー



IMG_6505.jpg
トルコのカッパドキアの作家さんが手編みをした
アクセサリーが入荷致しました。

スカーフをかぶる習慣のあるトルコでは
スカーフに思い思いの可愛らしいモチーフを縁取ります。
そのレースの縁飾りのことを総称して『オヤ』と呼ぶそうです。

発色の良いトルコのオヤ糸に
艶のあるチェコ産ビーズ「ボンジュック」を編み込んだ
大変繊細で美しいアクセサリーです。

カッパドキアといえば世界遺産を思い出しますが
遠い異国で丹精こめて作られ、旅をして日本までやって来たと思うと
なんだか愛おしいですね。

ブレスレットは白・グリーン・ブラウンの3色
ネックレスはシルバー、カーキの2色。

黒や紺色、白、麻色のウエアに似合いそうです。
球体の留め部分の密な仕上がりもとても可愛らしく
且つ、シックです。

IMG_6506.jpg

IMG_6507.jpg


『aisomo cosomo(あいそもこそも)』漆器


青森は爆弾低気圧の影響でホワイトアウト状態。
予定していた入荷品は遅延となり本日は届かないみたいです。

雪は掻いては積もり掻いては積もり。
とても冷え込んで寒いのですが
窓ガラスや外壁に付いた吹雪の跡が美しいとも思います。




IMG_6340.jpg IMG_6341.jpg
福井県鯖江市で1500年を有する越前漆器から生まれた
漆器ブランド『aisomo cosomo』
多様化してきた現代の食卓にカラフルで和食にも洋食にも合うPOPな漆器を。
初めて漆器を手にする人にも使いやすく、気付いたら愛おしい存在になっている
そんなやさしいうつわです。
手に触れた時の安らぎと質感を日常で是非味わってみて下さい。

木粉と雅樹脂を配合して成形しています。
お手入れは簡単です。漆器は使うほどに落ち着いた味わいが出てきます。
使用後はつけ置きせず、ぬるま湯と柔らかい布で拭いて下さい。
油汚れは中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗って下さい。

こちらは飯椀ですが汁物や副菜に自由に楽しんで頂けると嬉しいです。


※NHK BSプレミアム『イッピン』にて紹介されました。




ドイツの木の飾り物



IMG_6130.jpg
マッチ箱やくるみの中に
小さい小さい木製パーツを組み立てクリスマスの世界を閉じ込めた
飾り物が入荷いたしました。

ミニチュア好きの方にはたまらない可愛さだと思います。
精巧で細密な手工芸はドイツならでは。
物語のページをめくるような
自分だけの密やかな高揚が詰まっています。


IMG_6129.jpg
こちらは手回しのオルゴールです。
コロコロと、優しく懐かしい音が響きます。




IMG_6132.jpg IMG_6133.jpg
IMG_6134.jpg IMG_6135.jpg
木製の小さな動物一家。
一匹一匹が愛らしい表情をしていますね。
一体がとても小さく、例えば子猫なら1.5cm高です。

わっぱに入っているタイプもあり、ギフトにも大変人気があります。


総ビーズのバッグ

IMG_5082.jpg
近頃、再注目されている総ビーズのバッグ。
インド製で、大変手の込んだ作業工程が感じられる商品です。
図案の面白さやフリンジが人目を惹きます。
コーディネートの決め手になるようなバッグですね。
ショルダーにもクラッチにもなります。
一点ものです。


aisomo cosomo あいそもこそも


IMG_3458.jpgIMG_3457.jpg
福井県鯖江市の越前漆器「aisomo cosomo あいそもこそも」
木粉と樹脂を半々に混ぜ合わせて作られた汁椀です。

手にした時の温かみや
艶々とした漆器ならではの美しさはそのままに
モダンな配色センスの光る逸品。

手軽に汁物・おかず・ご飯などを盛って
日常に取り入れ愛しみお使いいただけると嬉しいです。

NHK「イッピン」にて紹介されたお品です。
白いご飯が綺麗に映えていました。