雑貨の散歩道

優しさあふれる雑貨をセレクトいたしました。
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月

studio m のうつわ


sobokai(ソボカイ)
『ソルジェンテ マグ』 
『ソルジェンテ カップ』

黒土に白釉

アンティーク食器の趣があるシックなマグとカップです。
高台が高いマグはお花を生けても素敵ではないでしょうか。
ソルジェンテとはイタリア語で「源流・水源」の意味。
(レンジ対応)




IMG_5280.jpg
sobokai(ソボカイ)
『ノービレ 5寸角鉢』
『ノービレ 3寸角小鉢』

磁器  黒化粧に白釉

ノービレはイタリア語で「高貴、高潔」の意。
風格を感じさせる端正なルックスのうつわです。
和食にも似合い、食卓が上品にまとまります。
小鉢も可愛い。
この雰囲気で価格がお手ごろなのも嬉しいです。
(レンジ対応)




IMG_5283.jpg
スタジオM 『ジャンティ マグ』
ブルーグレー
ミント

磁器 色釉

スモーキーなカラーが綺麗なシリーズ。
ゆるやかな曲線が優しさを感じさせるフォルムです。
シンプルなので男女兼用できそうですね。
アメリカンなテイストも漂っています。
ジャンティの意味はフランス語で「親切な」
意味を知るのも楽しいですね。
(レンジ・食洗機対応)


京都 西本願寺前 『薫玉堂』の香


ねぶたが終わると秋
今年はそんな定説を覆し暑さが続くのではと思っていましたが
途端に涼しくなり
もう一度くらい青空と夏らしい期間が訪れて欲しいと願っているところです。


ご好評頂き、リピートのお客様が増えている薫玉堂のお香です。
文禄3年(1594年)創業、420年余続く日本最古の調香所です。
本願寺出入りの薬種商としてはじまり420余年。
伝統の調香帳(レシピ)には香木や漢方に使用されるものが数多く記されています。
大地の恵みそのものであるこれらの素材は心身を優しく癒す力を秘めています。

老舗ならではのその伝統を生かし
現代の暮らしに溶け込む新しい香り。
パッケージもおしゃれです。

リラクゼーションのひとときに、深く沁み通るお香を加え
400年以上続く日本の素晴らしい伝統と技術に思いを馳せながら
さらに充実した時間をお過ごし頂けると嬉しいです。

私のお気に入りの使用方法は
寝る前、不在の部屋で一本焚き、残り香の中に身を置くことです。

これから迎えるお盆。お仏壇にも勿論お使い頂けます。
※火の取扱には十分にお気をつけ下さい。

IMG_5194.jpg

salvia 『夏と旅には、くつしたを履こう』


建物、乗り物の中の冷房が効き過ぎて足が冷えてしまうことは多いものです。
冷えは足の甲から入り込むとも聞きます。
夏こそサルビアのくつしたの心地よさを味わってみて下さい。

IMG_5218.jpg
「ガーゼのようなふんわりくつした」
新潟の工房で昔ながらのゆっくり編みの製法で作られており
通常の3倍の時間をかけ糸にストレスをかけずに編んでいます。
ゴムが入っていないのでしめつけがなくふんわりとした履き心地です。
デザインが面白く、無地のウエアに合わせるだけで楽しいポイントになります。

左  ダイヤモンド
右  オハナ




IMG_5219.jpg
左  まちばり
右  ヤマビコ




IMG_5217.jpg
スカンジナビア




IMG_5215.jpg
「ざっくり編みくつした ミックスリネン」
ローゲージでゆったりとした履き心地のざっくり編みリネンのくつしたです。
シャリ感が気持ちよくフィンランドの湖畔をイメージしたカラーにも二ュアンスがあります。
ピンク系が苦手という方でもスモーキーでベージュ寄りのこちらは
違和感無くコーディネートして頂けると思います。

左  フォググレー
中  リネン畑
右  みずうみ

8月 休業日のお知らせ

毎週火曜日
23日(水)
24日(木)

休業させて頂きます。
どうぞよろしくお願いたします。

            雑貨の散歩道

吉祥寺サンク 長財布


たった今入荷いたしました。
『CINQ(サンク)』オリジナル、ロングセラーの長財布です。

イタリアンレザー使用。
アルプス地方で育った牛の原皮を植物性タンニンで丁寧になめしてあります。
表面に独特のしわがあり、細かい傷が立たず
使い込むとどんどん良い艶へと変化していきます。

ポケットが多く収納力抜群。
カードも12枚入ります。
使い勝手が良く余計な装飾もなく、ごつくないのが女性には嬉しい。

あまりの人気に入手困難な状態が続いています。
今回ブラック、キャメルが一点ずつのみの入荷です。
お急ぎ下さい。